リップル(XRP)購入におすすめな国内取引所はココ!手数料が安い場所を徹底比較!

僕もリップルを買って所持しています。将来的な価値としては1万円前後になりそうかな、と思っているからですね。

さて、今日は長期的な視野で見た時に値上がりが確実視されているXRPことリップルを国内の取引所で購入できる場所はどこか。また、手数料を比較したときに、どこが安いのか。

わかりやすく表を使ってまとめたので、ぜひ参考にしてください!

日本国内でリップルを取り扱う取引所一覧

  1. ビットバンク
  2. コインチェック
  3. GMOコイン
  4. QUOINEX
  5. ビットトレード
  6. DMM Bitcoin

以上6つの販売取引所で現状は取引と販売が行われています。意外とリップルって多くの取引所で取り扱われているんですよねー。あ、忘れてました。

あと1つSBIの取引所でも取引できるようになると思います。ただ、肝心のSBIが未だ口座登録が開始しないので買えませんけれどね。

 

6つの取引場所の購入・販売手数料の比較

販売取引所 ペア 購入手数料 販売手数料
ビットバンク JPY 0% 0%
コインチェック JPYorBTC 変動性(3~6%) 変動性(3~6%)
GMOコイン JPY 変動性 変動性
QUOINEX JPY 0% 0%
ビットトレード JPY 指値:0.25% 指値:0.25%
成行:0.45% 成行:0.45%
DMM Bitcoin JPYorBTC 建玉金額の0.04% / 日 建玉金額の0.04% / 日

 

安いのはビットバンク&QUOINEXの2つ

ビットバンクは2018年の3月31日まで手数料無料となるキャンペーンをしています。リップルの購入が非常にしやすい取引所なので、Twitterでもかなり話題になっていましたね。

QUOINEXは日本円→リップルに関しては手数料が掛からない方式。今後、ビットコイン→リップルも扱うようになった時のみ、ビットコイン→リップルは0.25%の手数料が発生します。

 

ビットバンクとQUOINEXのどっちがおすすめ?

結論から言えば、おすすめはビットバンクです。言葉で説明するよりスマホ画面を見せてしまう方が早いので、僕のパソコンからスマホモードにした画面をブログに載せてみましょう。

QUOINEXのスマホ画面

なんだかゴチャゴチャしててわかりにくいですね・・・。

ビットバンクのスマホ画面

あなただったら、どっちを使いたいと思いますか?明らかにビットバンクですよね。QUOINEXはパソコンから使うのであれば、悪い取引所ではないと思います。

でも、スマホに適応していないのは明らかにマズイ。今の時代ならWebページはパソコン・スマホで切り替えられるのが当然なので、QUOINEXの状態は非常に印象が悪いです。

 

今のQUOINEXでスマホによる取引をしようなんて、僕だったら絶対に考えられませんね。1画面1つで見分けられるビットバンクのほうが、絶対に使いやすいと感じています。

現に僕はビットバンクでリップルを買っていますからね!

 

スマホ画面以外にもビットバンクがおすすめな理由

それはユーザー数の違いです。仮想通貨は取引所毎に独立しているので、取引所に在中する人が多ければ多いほど取引が活発になっていきます。

最近、ビットバンクが面白いツイートをしていました。

取引というのは買い手がいて、売り手がいることで初めて成り立つものです。指値注文ができる、できない以前に人がいないと指値は機能しませんよね?

QUOINEXも指値注文はできるのですが、残念ながらビットバンクよりも取引量は多くありません。そのため、売買したいタイミングを逃す可能性が大きい。

 

売買のタイミングを逃すことは致命的です。仮想通貨の世界は、1日で10%~20%の変動があり、リップルに関して言えば2018年2月10日だと最大で50%超えの値上がりを見せていました。

突如やってくる急騰・急落に対応するには、やはり人が多く取引が活発な場所に身を置く必要があるのです。だから、QUOINEXよりビットバンクのほうがオススメなわけですね!

 

さらにビットバンクをおすすめしたい理由はセキュリティ面

コインチェックで起きたネムの盗難を覚えていますか?マルチシグを使ってなかったから、盗難が発生してしまったと言われていますよね。

ビットバンクは扱う通貨のマルチシグ対応・未対応を公開しています。また、マルチシグ未対応の仮想通貨は順次対応することを明言し、顧客資産はコールドウォレットに退避済み

さらにオンライン上で管理される資産は、全てビットバンクの資産のみであることも告知しています。ここまでビットバンクにやられたら、素直におすすめです、としか言えません(笑)

 

番外編:リップルのレバレッジをしたいならDMM Bitcoin

僕が知る限り国内でアルトコイン類のレバレッジを掛けられる唯一の場所がDMM Bitcoinです。ちなみに、レバレッジでかけられる倍率は5倍に固定されています。

仮想通貨は1日の値幅の変動が大きいので、レバレッジが固定化されるのは仕方ありません。チャートに関しては投資の老舗らしく見やすく、使いやすい場所です。

今は使わないとしても、資産に余裕が出てきた頃からお世話になると思うので、今のうちに作っておきましょう!

 

まとめ

リップルが購入できる取引所は今後も増えるでしょう。しかし、増えてから購入するのと、増える前から購入するのでは先行者利益に大きな差が生まれます。

だからこそ、今のうちから早めに口座を開設。売買&ホールド。これらを駆使して資産を増やしていきましょう!そのためには、まずビットバンクを開けてみてくださいね。

ビットコインを取引するほどお金が入るZaif|低スプレッド・25倍レバレッジのGMOコイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。