コインチェックが倒産したら保証予定・口座に預けた日本円は返ってくるのか!?

連日ニュースを騒がせていますよね。僕も目で、耳で追って常に気にしています。今のところ、コインチェックが倒産する話は浮上していませんが、万が一ということもありえますよね。

もし、コインチェックが倒産してしまったとしたら、預けているお金や盗難されたネムの保証予定のお金は、一体どうなってしまうのでしょうか?

返金保障を発表したが時期を出さないコインチェック

事件が起きてから数日しか経っておらず、金融庁への聞き取り調査も現状は行われていません。そのため、スマホゲーのように今日明日にでも侘び石や返金という形ができない状態。

少なくとも返金より先に解決しないとダメな障害がいくつもあるでしょうから、まだまだ時間はかかるでしょうね。

時期に関してはコチラの記事で詳しく触れたので、見てみてください。

コインチェックの返金はいつになる?手続き中にネムの価値が上がったらどうなるのか

2018.01.28

 

コインチェックが倒産したら保証される予定の日本円はどうなる?

結論から言えば倒産の可能性は限りなく低いでしょう。なぜなら、コインチェックはビットコイン以外のアルトコインで、多額の利益を生み出していたと思われるからです。

元をたどれば僕たちが投資したお金の利ざやを、コインチェックが掠め取ってたようなものなんですけれどね。

 

話を元に戻して、万が一コインチェックが破産したら、破産した時点で日本円の保証はなくなります。無慈悲だと感じるかもしれませんが、それが法律なので仕方ありません・・・。

とはいえ、さっきから言っているようにコインチェックの倒産の可能性は、限りなく引くですけれどね。

 

今、預金に残っている日本円の行方はどうなるのか?

銀行にはペイオフ制度というものがあります。ペイオフ制度は、銀行が倒産しても1000万円までなら返金する仕組み。コインチェックを銀行だと考えたら、預金口座に残っているお金は返金されるでしょう。

じゃあ、コインチェックのような仮想通貨取引所に、銀行のペイオフ制度のようなものがあるのか。と言われたら、実は無いんですよね。

そのため、万が一にも破産しようものなら、預けていたお金は次元の狭間へ吸い込まれることに・・・。このように脅して書いていますが、その点に関しての救済は、政府も対応していくでしょうから問題は無いでしょうね。

 

コインチェックの倒産と日本円の保証に関するまとめ

僕たちからすると、日頃の情報を追うこと以外にやれることはありません。何しろ取引ができないと、口座は凍結されているようなものですからね!なにかやろうにも、できないのでは意味がありません。

今のところ返金の方法も張り出されているので、金融庁と警察の調べが終わり次第、企業の機能回復が始まるでしょう。その時に、真っ先に出金が解除されると思います。その時に、全力で引き出してしまいましょう。

 

あなたが今からできる対策は1つ

それは、今回のように1つの口座を凍結されても、別の口座で資産を動かせる仕組みを作っておくことです。つまり、他の取引所も口座を作って分散投資をしていきましょう、ということですね!

分散投資のためには、コインチェックのような立ち上げて数年の企業より、コチラの企業のような長年の運営ノウハウが蓄積している販売取引所がオススメです。

ビットコインを取引するほどお金が入るZaif|低スプレッド・サーバーは高負荷にも耐えるGMOコイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。