取引所

ビットバンクの本人確認で必要な日数が早すぎ!絶対に今スグ申し込んだほうがいい

もう1月も終わりに近づいてきていますねー。

1年が早いこと、早いこと。

さて、今回は早さに掛けてビットバンクの本人確認の日数に関して、あなたにお伝えしようと思います。

爆速です、ビットバンク。

1月から仮想通貨の世界に入り込みました

僕は1月から仮想通貨の世界に入り込んだ、いわば新人くんです。

2018年の1月というと、ビットコインの高騰で世間を騒がし、過去最高の状態で進んでいましたよねー。

僕も前々から知人の女性に仮想通貨を押されていて、とある伝手もあり1月に各仮想通貨取引所の口座を作り始めました。

でも、口座開設までの時間がすっごく長かったんですよねー。

 

どの口座も開設までに時間が必要だった

今でこそいえますが、大体2週間くらいだったでしょうか。

12月に作った人たちは1月の半ば、つまりこの記事を書いている少し前くらいに、やっと口座が開通したようだったんですよ。

ただ、ある意味ラッキーですよね、1月半ばに口座が正式に開通した人たちは。

 

だって、1月の半ばはビットコインの大暴落が起きたじゃないですか。

だから参入する時期として、いい意味でオイシイ時期に入ってこれたと思います。

僕自身も、ちょうど毎年恒例の1月の暴落時期に口座が開いたんですから、運が良い人間でしたね。

 

さすがに待ち時間にキレて別のところを探し当てた先がビットバンク

1月の頭から申し込んで、1月の半ばである15日~18日くらいに各口座が開き始めて行きました。

しかし、正直に言って僕自身は1月の12日くらいから、ちょっとだけイライラが募っていたんですよ。

だって、これだけ楽しそうな仮想通貨の市場に待ちぼうけを食らわされているのですからね。

 

だから、日本国内にある取引所を片っ端から開けていっていました。

そこで、めちゃくちゃ早かったのが今回のメインである「ビットバンク」だったんですよ。

もう、ビットバンクの口座開通の早さには惚れ惚れしましたね。

 

なんと脅威の3日で口座が開通!?

ビットバンクにメールアドレス、パスワード、本人確認をアップロードしたのが1月12日

本人確認しました通知のパスワード付きハガキが来たのが1月15日

土日を挟んでいるのに、3日でやってきちゃいました。

 

ちょっと狂ってんじゃないか、この取引所は?って思うくらいのスピード感です。

コインチェックとかと比べるのも失礼に当たっちゃうでしょう。

僕は今回の口座開設の早さからビットバンク惚れて、今後もメイン取引所で使おうかな、と考えてしまったほどですよ。

 

しかも、今なら3月末まで全取引手数料が無料!!

さらに凄いのが前取引手数料が1月半ばまで無料だったのに、2018年の3月31日まで延長してくれたのです。

口座開設も早い、取り扱い通貨も仮想通貨世界で話題のXRP(リップル)があって、取引手数料まで無料。

振込先は住信SBIネット銀行なので、反映までの時間は爆速と来ています。

 

ここまで来ていたら、口座を開設しない理由を探すほうが難しいってものですよ。

もし、あなたがビットバンクを開ける手続きをしていないなら、今スグ開けてしまいましょう。

この記事を書いている時だと、XRPの下落が大きく、買い増しチャンスがやってきていますからね。

 

仮想通貨の世界は早く動いた人たちばかりが上手く行っています。

あなたも、波に乗り遅れないように素早く決断していきましょう!

今なら取引手数料0円!ビットバンクの口座開設はココをタップ