ノアコインの売却と日本円への換金方法!ひと手間かけて大きく利益を出そう!

ノアコインの売却し、日本円に換金する方法を探していますよね?

HitBTCで購入できるノアコインですが、多くの情報ブログでは購入までは教えてくれるのに、売却までは教えてくれません。

HitBTCは日本語に対応してくれているとは言え、海外サイトなので生粋の日本児である僕らには、やや不自由な表現が多いです。

この記事では、HitBTCでノアコインを売却し日本円に換金するまでをステップ形式で紹介。

そして、あなたがもう1つ考えているであろう「利益」のリターンを大きくする簡単な方法も一緒に載せてあります。

ノアコインの売却と換金に必要な3つのステップ

実は、たった3つのステップでノアコインは日本円に換金できてしまいます。

  1. HitBTCでノアコインをビットコインに換金
  2. 日本に換金したビットコインを送金
  3. 送金先の取引所でビットコインを日本円に換金

さて、次は実際にノアコインの売却方法を画像付きで見てみましょう。

 

ノアコインの売却方法

簡単に箇条書きでまとめてから、画像で解説していきますね。

  1. トップページからNOAHコインの取引板に移動
  2. 売却オーダー記入欄に必要事項を記入
  3. オーダーを通し、ビットコインに換金されるのを待つ

さて、ここからは画像での説明に移っていきましょう。

まずはトップページからNOAHコインの取引板へ移動していきます。

下の画像の赤枠に「NOAH」と記入してください。

NOAHと記入するとノアコインの取引板移動のためのタブが出てくるので、同じく赤枠をタップしてください。

次に画面を下にスクロールさせて、売却オーダー記入の場所まで移動しましょう。

売却のタブはいじらず、金額、価格、合計の記入を終えて間違いが無いかを確認。

最終確認を終えたら「売却 制限」をタップすると、売却オーダーが通ります。

以上で売却の手順は終わり!意外と簡単でしたよね!

 

HitBTCから日本の取引所口座に送金

送金に関してはスマホからだと、HitBTCのスマホ画面が最適化されてない影響で、ちょっと厄介です。

しかし、売却と同じように簡単にできますので真似してみてくださいね。

早速、メニューの一覧を開いて入金・出金の項目へ移動していきましょう。

赤枠の部分をタップすると大雑把なメニューが表示されるので、その中から「ACアカウント」をタップ。

タップして移動すると、下の画像のように小さい文字がズラッと並びますので、一番上のBTCをダブルタップなりで拡大してください。

拡大後、下の画像のように「引き出し」をタップすると、出金に関する情報記入場所が表示されます。

 

出金に関する情報の記入の仕方

見づらくなるため、3~4枚にわけて画像で開設していきます。

まず、こちらの色付きで画像加工された画面についての説明です。

  • 赤:引出したいビットコインの枚数を記入
  • 緑:二段階認証の6桁の数字
  • 青:自動記入

あなたが記入するべき場所は、赤と緑の場所だけでOKです。

記入が終えたあとは、出金先(送金先)である日本の口座のアドレスを記入しましょう。

アドレスの記入に関する注意点は、必ずコピペをしっかりすること、そして3回ほどアドレスの記入に間違いが無いかチェックすること

送金先のアドレスが間違っていると、ビットコインが届かなくなるだけじゃなく、ビットコイン自体を失うことになります。

 

絶対にアドレス間違いだけはしないようにしてくださいね。

アドレスの記入が終えたら、右にスクロールして表示される下画像の「引き出し」をタップすると、ビットコインの送金の申請が終わります。

あとは、あなたのメールボックにやってくるメールに「ハイ、ハイ」と答えると、申請手続きが開始され送金の準備が開始されます。

 

換金したビットコインは、できれば高く売りたいですよね?

投資、投機をしているのですから、できれば大きな利益を得たいのが普通ですよね。

僕は少なくとも1円でもいいから利益を出したいな、と思っています。

あなたも、僕と同じ気持ちを持っているのではないでしょうか。

 

ビットコインの売却に関して、何をすれば高く売れるか知っているでしょうか?

仮想通貨の世界で少しでも利益を出す方法は、意外とシンプルな方法でもOKなのです。

そのシンプルな方法というのは、複数の取引所(販売所)の口座を解説しておくこと

 

「どうして複数の取引所の口座を開けておくと、ビットコインが高く売れるの?」と、疑問を持ちましたね!?

その答えは、次のいくつかの取引所と販売所のビットコインの価格に関してまとめた表を見てもらえれば、一目瞭然となるでしょう。

 

日本の取引所はどこが一番ビットコインを高く買い取るか比較してみた

※表の数値は2018/04/12時点

取引所 売却価格の最安値
Zaif 732,545
QUOINEX 730,869
ビットバンク 731,494
DMM Bitcoin 732,118
GMOコイン 721,230
ビットポイント 735,728
bitFlyer 731,154

表で見比べてみると、取引所と販売所で売却価格に大きな差が生まれていることがわかりますね!

一番高い場所と、一番安い場所の差額を計算すると約5,000円の価格差があります。

 

5,000円あれば、ちょっと良いレストランの食事をしたり、ファッションの小物を1品か2品購入できちゃいます。

もし、あなたがノアコインを購入するために作った取引所でビットコインを売ろうとしているなら、少し待ってください

 

この見出しの中で伝えたとおり、ビットコインの価格差は取引所により大きな差が生まれています。

だから、「どこに送るのが一番いいのかな」と、あなたが口座を持つ取引所をいくつか見比べて、ビットコインをHitBTCから送金しましょう。

5,000円の差額が2回できたら、1万円の差額と考えると大きいですからね!

 

今回表で紹介した1番目に高いビットポイントと、2番目に高いZaifの口座開設はコチラからできます。

ビットコインを取引するほどお金が入るZaif|低スプレッド・サーバーは高負荷にも耐えるGMOコイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。