仮想通貨

【仮想通貨】LISK(リスク)の購入方法!安く買えるおすすめ取引所はココ!

あなたがLISK(以下リスク)を購入するのは、とても簡単です。

なぜなら、僕がこの記事であなたが欲しがっているリスクの購入方法を、画像付きで完全サポートするからですねっ!

でも、あなたはこんな事を考えていませんか?

 

購入するなら少しでも手数料が安い場所だったり、購入しやすい場所が良い・・・と。

多くを願うあなたの希望も、この記事を読めばしっかり叶えられます。

リスクの購入方法をスタートしていきましょう。

LISKの購入方法は3つある

  1. ビットフライヤーで購入
  2. コインチェックで購入
  3. 海外取引所で購入

このように3つもあり、ビットフライヤーとコインチェックが初心者には購入しやすい場所となっています。

しかし、ビットフライヤーとコインチェックは「とある問題」を抱えていることを忘れてはいけません。

 

ビットフライヤーとコインチェックが抱える問題

まずはコチラの表を見てください。(表は2018年4月3日のもの)

取引所 購入 売却 差額
ビットフライヤー 1,029円 905円 124円
コインチェック  951円 851.13円  99.87円

ビットフライヤーとコインチェックは、購入と売却に大きな差があるので、僕らユーザー側としては利益を出しにくい構造になっています。

この差額を「スプレッド差」と言い、いわゆる「業者が得る手数料、または利益」と認識されています。

つまり、あなたが日本でリスクを購入・売却する行動は、あなたが仮想通貨で損をする、ということですね。

 

だからLISKを購入するなら海外取引所を利用しよう!

海外取引所はスプレッド差も狭く、取引手数料も日本と比べてはるかに安い取引所ばかりが揃っています。

次の項目ではリスクが購入できる海外取引所のまとめと、どこで購入するのが良いのか、という比較にを作りました。

 

LISKが購入できるおすすめ海外取引所Top3!

()内は購入に必要な通貨の名称

  • Binance(BTC/ETH/BNB)
  • Bittrex(BTC)
  • Bit-Z(BTC)

他にも取引高の高い場所がありますが、僕がおすすめできるのは上記3箇所ですね。

 

LISKを購入する時に3つの海外取引所の内、どれを利用するべきか?

僕はBinanceを心からあなたに利用してもらいたいと思っています。

理由は手数料が安いアルトコインの上場が早い上場後すぐの通貨はほとんど価格が高騰しているからですね。

 

それでは手数料の比較をしてみましょう。

取引所 購入手数料 売却手数料
Binance 0.05%~0.1% 0.05%~0.1%
Bittrex 0.1%~0.2% 0%~0.1%
Bit-Z 0.1% 0.1%

表から見ればBittrexが一番安く見えますが、Bittrexは30日間の取引高の合計値で手数料が変動します。

Bittrexの最安手数料の恩恵を受けるには、30日間で12000BTCの取引が必要なので現実的ではありません。

この時点でBinanceとBit-Zがおすすめになります。

 

Binanceではアルトコインを含めて300種近く上場

Bit-zはBinanceと同じ取引手数料なのですが、Binanceより扱っている仮想通貨の種類が少ないのが難点。

多ければ多いほど良いわけではありませんが、アルトコインの魅力は予測できないレベルの暴騰ぶりですよね。

 

この記事を書いている少し前にも、STORMという仮想通貨が物凄い高騰ぶりを見せつけてくれました。

【仮想通貨】STORM(ストーム)購入方法と取り扱い取引所情報まとめ

 

Binanceに上場する仮想通貨の多くは、上場直後に高騰する傾向にあり、さらにBinanceはアルトコインを積極的に上場させる取引所です。

以上のことから、僕は3つのおすすめ取引所の中でBinanceをあなたに心からおすすめしているわけですね!

 

実際にBinanceでLISKを購入する手順をみてみよう!

海外取引所でリスクを購入するには、6つのステップを経由する必要があります。

  1. 日本の販売取引所の口座を開ける
  2. Binanceの口座を開ける
  3. 対応通貨を日本の販売取引所で購入
  4. Binanceへ送金
  5. Binanceで受け取る
  6. 購入対応コインへ変換orLISKを購入

あなたがBinanceの口座を開設していなければ、コチラから開設してしまいましょう。

取引手数料0.1%!5分で登録が終わるBinance口座の開設

Binanceの口座を作る一連の流れはこっちの記事で1~10までの手順を載せてあります。

Binance(バイナンス)登録方法と二段階認証のまとめ!最初の海外口座ならココが一番

 

もし、日本の仮想通貨口座を作っていなければ

日本の仮想通貨取引所の口座開設のおすすめはビットバンクです。

理由は全取引手数料0円かつ、ビットバンクは口座開設申込から3日前後で本人確認ハガキが送られてくるからですね!

 

ビットバンクはビットコインより送金の早いリップル、イーサリアムを購入できるので、Binanceへ素早く送金することができます。

その他の海外取引所を使う時にも便利なので、ビットバンクはぜひ利用していきましょう。

今なら取引手数料0円!高速送金可能な通貨があるビットバンクの口座を開設はココをタップ

 

BinanceにあるLISKの取引所の板への行き方

さて、ここからはBinanceの話に戻っていきます。

まずはLISKの取引板に移動しなければ購入できませんので、パパッと移動してしまいましょう。

下の画像の赤丸をタップしメニューを表示させ、Marketsをタップしてください。

タップするとMarketsとあるので、このMarketsをタップしましょう。

今回はブラウザ版を使っているので、ブラウザ検索で「LSK」と入力し、下の画像のように表示させてください。(アプリは検索窓でOK)

また色枠で加工してありますが、画像の下で開設してあります。

  • :購入対応通貨の切り替えタブ
  • :対応仮想通貨の取引板への移動場所

あとは赤枠のLSKという部分のどこでもいいのでタップすると、チャート画面が出てきます。

チャート画面があなたのスマホ・PC画面に表示されたら、あなたがリスクの取引板に移動できた合図

下の画像の白枠「Trade」か、赤枠「Buy LSK」をタップすると、購入オーダー画面に移動できます。

今なら取引手数料0円!高速送金可能な通貨があるビットバンクの口座を開設はココをタップ

 

購入方法の詳細

画像だけを見せてもわからないので、役割を持つ箇所を色付けして分けてみました。

  1. :他者の売却オーダー
  2. :他者の購入オーダー
  3. :購入・売却のスイッチタブ
  4. :必要記入事項

あなたが見るべき場所は、画像で表すと赤と黄の枠の部分だけでOK。最悪、黄色の枠だけ見るのでも構いません。

さて、黄色の中にいくつか英語表記がありますね。単語を訳してみましょう。

  • Price:注文希望の価格
  • Amount:購入するLSKの個数
  • 25%~100%:資産に対する購入個数の比率
  • Total:購入希望価格×個数×手数料の合計値

これだけ覚えておけば、購入は今すぐにでもできます。実際にオーダーを通す直前の記入を見てみましょう。

 

購入オーダーの記入事例

下の画像は「0.26LSKを0.0011122ビットコインで購入します」という意味です。

購入でいじるのはPriceとAmoutだけ、という意味がなんとなくわかったのではないでしょうか。

あとは、あなたがどれだけ資金をリスクに投下するかで、購入合計額が変わってくるだけです。

例を見てみたら、いますぐにでも出来るように感じましたよね?

 

LISKの購入に関するまとめ

まとめると

  • ビットフライヤー&コインチェックは高い
  • Binanceや他の海外取引所の口座を作ろう
  • 海外取引所に日本の口座から送金
  • リスクを購入する

簡略化してまとめると4つのステップでリスクを安く購入することができます。

 

また、コチラのビットバンクだと今なら送金の早い仮想通貨(リップル・イーサリアム)の取引手数料0円です。

ぜひ、上手に利用して安くリスクを購入していきましょうね!

今なら取引手数料0円!高速送金可能な通貨があるビットバンクの口座を開設はココをタップ