取引所

【仮想通貨】Stratis(ストラティス)購入方法と取り扱い取引所情報のまとめ

こんにちは(@aragasegi)です。今日は仮想通貨の1つであるStratis(本文中はストラティスで固定)についてです。

どこで購入できるのか、またどこで購入するのが一番オトクなのか、そして購入までの実演を画像付きで解説。

あなたがストラティスを購入するまで、この記事で徹底的にサポートさせてもらいますっ!

Stratisの特徴と日本の購入状況の振り返り

開発がしやすい言語を使い、マイクロソフトと提携し、コンテンツ(アプリなど)を簡単に開発しやすくする環境を提供する目的で開発がスタート。

簡単に言うとストラティスは仮想通貨、ひいてはブロックチェーン技術のテンプレート的な存在になろうとしている、と言えるでしょうか。

日本での購入状況ですが、どの取引所にも上場していません。上場したら面白いと思うんですけれどね~。

 

Stratisが買える海外取引所はココ!

  1. Binance(BTC/ETH)
  2. Bittrex(BTC/ETH)
  3. Upbit(KRW/BTC)
  4. Poloniex(BTC)
  5. Trade By Trade(BTC/USDT)

メインになりえるのは上記5箇所。それ以外では取引が少なくて、購入するのに苦労するのでおすすめしません。

 

Stratisを買うならどこの海外取引所がおすすめ?

購入はBinanceがおすすめですね。取引量が他の4つと比べたら桁違いな上に、Binanceは取引手数料が0.1%しかかかりません

実際に流通量を見てみましょう。

出典:coinmarketcap Stratis(2018年3月24日)より

Binanceとその他では桁が1つ違うことがわかりますね。(Mは百万、Kは十万)

そのため、あなたがすぐにストラティスを欲しいと言うのなら、購入チャンスがやってきやすいBinanceがおすすめです。

 

Stratisの買い方の簡単な説明

  1. 日本の販売取引所の口座を開ける
  2. 海外取引所の口座を開ける
  3. 対応通貨を日本の販売取引所で購入
  4. 海外取引所へ送金
  5. 海外取引所で受け取る
  6. 対応コインへ変換or購入

現在はビットコインの送金詰まりは解消されつつあります。早く送金したいのであればイーサリアム(ETH)リップル(XRP)がおすすめですね。

ただリップルの場合は取引所によって利用可能・利用不可があるので、基軸通貨の1つとして採用されているイーサリアムが扱いやすいです。

 

実際にStratisを購入する手順をみてみよう!

今回は僕がおすすめするBinanceを事例にして、実際にオーダーを通す前まで実演していきますね。

まずは、トップページからメニューを開いて取引板に行きましょう。

上の画像の赤枠をタップすると・・・

画像のようにMarketsやExchangeが出てきますので、赤枠のMarketsをタップしてください。

 

取引所の板への行き方

タップした先の画面であなたにやって欲しいことは、STRATとページ内で検索すること。検索後は、上の加工画像と同じくストラティスが光ります。

次に白枠と赤枠を解説しましょう。白枠は購入に必要な仮想通貨を切り替えるタブで、赤枠をタップするとタップした仮想通貨の取引板へ移動のタブ

実際に、赤枠のSTRAT/BTCをタップすると、下の画像の画面へ移動してくれます。

上の画面がストラティスの取引板に来た合図で、白枠内のTrade赤枠のBuy STRATをタップすると購入画面へ移ります。

 

購入方法の詳細

上の加工された画像は購入オーダーにやってきた画面のものです。まずは、色付きの枠から説明していきます。

[box class=”blue_box” title=”色枠の説明”]

  1. 白:移動タブ
  2. 赤:他者の購入・売却オーダー
  3. 青:購入・売却のスイッチタブ
  4. 黃:必要記入事項

[/box]

あなたが見るべき場所は、画像で表すと赤と黄の枠の部分だけでOK。最悪、黄色の枠だけ見るのでも構いません。

さて、黄色の中にいくつか英語表記がありますね。単語を訳してみましょう。

[box class=”blue_box” title=”黄枠の英単語の説明”]

  • Price:注文希望の価格
  • Amount:購入するEnigmaの個数
  • 25%~100%:資産に対する購入個数の比率
  • Totla:購入希望価格×個数×手数料の合計値

[/box]

これだけ覚えておけば、購入は今すぐにでもできます。実際にオーダーを通す直前の記入を見てみましょう。

 

購入オーダーの記入事例

上の画像は「0.00005902BTCの価格で、ストラティスを1個だけ買いますよ」という注文。

あなたがいじる場所は2つだけ、PriceとAmount。この2つのいじり方さえ覚えておけば、購入だけなら問題なくクリアできますよ。

 

Stratisの買い方に関するまとめ

もし、あなたが海外取引所が初めてでも大丈夫。まずは、1回だけ絶対に購入できない額のオーダーを通して、キャンセルしてしまいましょう。

一連の流れをトレースするだけでも、大きく購入の障壁は下がります。僕もよくやるので、ぜひ1回やってみてください。

また、わからないことがあればコメントに書き込んでくださいね。僕の知る範囲で回答させていただきます。