取引所

仮想通貨を始めるならココだッ!口座開設が早い取引所TOP5を厳選!

こんにちは(@aragasegi)です。仮想通貨の世界に入って3ヶ月が経とうとしました。

今回は、僕が開けた仮想通貨の取引所の口座開設の審査が早い取引所をまとめてあります。

全て僕の実体験ですので、信用度は折り紙付きですよ。

僕は国内で10箇所、海外で8箇所口座を作ってみた

僕はこれだけ開けているので、遅い・早いを判断する材料を揃えています。

ただ、今回は国内に限定してあなたにお伝えしますね。

 

1位:申し込みから3日後に本人確認ハガキが届くビットトレード

僕の口座開設の中では最速で本人確認ハガキが届きましたね。

2018年1月上旬に申し込んだのですが、2018年上旬は仮想通貨バブルで申込みが殺到していたんですよ。

 

殺伐としたTwitterでは申し込んだ取引所に文句を言う人もたくさんいました。

そんな中で、3日という異常な早さで僕に本人ハガキを送ってくれたビットトレードは凄いと思いますね。

 

2位:リップルの取引高世界1位を記録したビットバンク

こちらはビットトレードよりは遅く1月12日に申し込み、1月15日に届きました

申し込み日数から数えれば4日で届いたことになりますね。

1月14日だったら、同一だったのですが僅差で負けてしまいました。

 

僕のブログでは度々登場している取引所で、この記事を書いている時もメインの取引所として使っています。

Twitterも活発的に活動しており、多くのユーザーを抱えていているのに、2月に起きた新規注文がキャンセルできないトラブル以外は大きなトラブルもなし。

起こったトラブルにも迅速な対応をしている優良取引所です。

 

3位:堅牢なセキュリティ・ユーザー第一・資本金もたっぷりビットポイント

1月8日に申し込んで1月15日に開通したお手紙が届いています。

ビットポイントは、とにかく堅牢なセキュリティ、ユーザー第一主義、資本金もたっぷり持っている点が高ポイント。

 

なにより、元金融帳長官の人がビットポイントにいるので、業界のゴニョゴニョ話に強そうなのも見逃せません。

多くの仮想通貨サイトでは押されていませんが、僕は今後ビットポイントのユーザー第一主義は見習われると感じています。

そして、日本の仮想通貨のルールを主導的に決めるのもビットポイントが中心になると思っていますね。

 

4位:アルトコインレバレッジならDMM Bitcoin

1月18日に申し込んで1月29日に本人確認ハガキが到着しました。

取引所が立ち上がった当初だったので本人確認ハガキの到着は、やや遅めだったという印象ですね。

DMMが運営母体なのでFX系の知識、チャート機能が備わっているため、今のところ目立った運営のトラブルはありません。

 

5位:コイン積立・マイナス手数料・独自トークンが楽しいZaif

Twitterでは1ヶ月以上かかるとか言われていたZaifですが、僕は以外にも2週間で本人確認ハガキが来ました。

1月上旬に申し込んで、1月20日か21日には僕の所在である群馬県に本人確認ハガキがやってきています。

 

Twitterや各仮想通貨情報サイトで言われているのは、意外と当てにならないな・・・というのがわかった1件でしたね。

Zaifも僕のメイン取引所の1つとして可動させているところです。

 

コイン積立がZaifが持つ最高の魅力と言っても過言ではありません。コイン積立を簡単に表現すると、仮想通貨の積立貯金と言えます。

他の取引所では一切お目にかかれないZaif独自のユニークなサービスなので、貯金が大好きな人におすすめの取引所ですね!

 

口座開設の早い取引所に関するまとめ

とにかく、あなたが仮想通貨の取引所の口座を早く開けたいなら、今回紹介した5箇所に口座登録を申し込めばOKです。

口座申込は無料でできますので、気兼ねなく登録し、本人確認ハガキを数日間待つ。

そして、本人確認ハガキが来たら即座に日本円を振り込んで、仮想通貨の世界に僕と一緒にどっぷり浸かりましょうねっ!