取引所

【GMOコイン】3分でわかっちゃうリップルの買い方講座!画像付き解説あり

こんにちは(@aragasegi)です。今回は金融系で大手のGMOコインでリップルを買ってみよう!

というような企画を元に、一連の流れを記事化してみました。購入に踏み込めない、怖い、わからない人は、参考にしてくださいね!

GMOコインでのリップルの買い方

  1. GMOコインへ入金
  2. リップル購入欄へ移動
  3. 必要数のリップルの個数を指定
  4. 購入ボタンを押す

文字で表すと4段階の流れで終わります。ただし、GMOコインはGMOコインの口座開設をしなければリップルを購入できません

まだGMOコインの口座登録が完了していない場合は、こちらから速やかに口座開設をしてしまいましょう。

今すぐGMOコインの口座を作ってリップルを購入するならココをタップ!

さて、それでは本編のリップルの購入へ移っていきますね!

 

その1:GMOコインに日本円を入金しよう

まずは、お金が無いと物は購入できません。あなたの口座からGMOコインの口座へ日本円を入金しましょう。

この画像は日本円の入金メニューです。あなたが持つ銀行が楽天銀行・住信SBIネット銀行以外なら、その他の銀行を選んでください。

即時入金以外に、上のタブにある振込入金も可能です。入金の反映は即時入金より遅いですが、出先のATMで入金できるのがメリットですね。

 

GMOコインは振込・出金手数料が0円なので、1,000円刻みで入金してもOK!僕らユーザーとしては、嬉しいポイントですよね。

即時入金に関する詳しい流れはコチラの記事に載せてあるので、ゆっくりと確認しつつ参考にしてください。

GMOコインの日本円の入金方法と出金方法!それぞれに必要な手数料も記載

 

その2:GMOコインに入金が終わったらリップルの購入画面へ移ろう!

リップルの取引画面へ行く方法は2つあり、1つはメニュー欄、もう1つはスクロール+タップで移れます。メニューの開き方はコチラです。

上の赤枠の部分をタップすると下の画像のようにメニュー欄が表示されるので、「仮想通貨現物売買」をタップして先に進みます。

「仮想通貨現物売買」の画面が下の画像のような場所で、赤枠の「ビットコイン」をタップすると好きな仮想通貨のトレード画面へ移れます。

実際にタップして他の仮想通貨の選択画面を出してみました。

あとはXRPと書いてるリップルをタップすれば、トレード画面へ行くことができます。

 

おまけ:ログイントップページをスクロールすると、リップルのトレード画面へ直で行ける

ログイントップページをスクロールすると、上の画像のように市況という文字でそれぞれの仮想通貨の現状が表示されます。

ここも同じく、XRPをタップしたあとに・・・

チャートグラフの下に表示されているボタンをタップすると、リップルの取引画面へ直で移ることができます。

 

その3:リップルの購入方法について

買い方は簡単で、あなたがリップルを全額欲しい場合はGMOコインに入金してある金額を空欄に記入してしまいましょう。

もう1つの購入方法は個数です。50個欲しいなぁ、というのであれば上の画像と同じ「数量指定」をタップし、空欄に欲しい個数を記入してください。

金額or個数を記入したら赤いボタンにある購入をタップすると、リップルの購入が完了します。

 

実際にリップルの購入を指定してみよう

上の画像の状態で「購入」ボタンをタップすれば、入金額から2,441円を引かれ、あなたの仮想通貨口座にリップルが31XRP入金されます。

もし、あなたが購入ボタンを間違ってタップしても、次の画面はこのような画面になってくれるんですよ!

例え、記入を間違えたとしても、このような確認画面が出てくれるなら安心ですねっ!

6秒過ぎるとポップアップが消えて、数値入力画面に戻されます。

 

GMOコインでのリップルの買い方に関するまとめ

GMOコインでリップルを購入することは、慣れてしまえばパパッと1分も掛からずにできちゃいます。

ただ、GMOコインのスマホアプリはビットコイン、ビットコインFXしか購入・売却ができない点に注意してください。

 

リップルをスマホからGMOコインで購入するには、ブラウザ版のGMOコインにログインする必要があるんですよー。

スマホアプリでもイーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルを買わせて欲しいなぁ、と感じています。

 

それでは、これでGMOコインでのリップルの買い方は終わり。

何あればコメント欄にコメントしてくれれば、僕のわかる範囲で対応しますので、遠慮なくコメントしてくださいね。

GMOコインの口座を作ってリップルを購入するならココをタップ!