仮想通貨

【仮想通貨】IOStokenの買い方と扱う取引所情報!購入例を画像付きで丁寧に解説

以前、僕のブログで紹介したIOSトークンの買い方を画像付きで解説してみました。今回は能書きはいいので、サクッと本編に移りましょう!

IOStokenの特徴と日本の購入状況の振り返り

日本ではIOSトークンのエアドロップで注目を浴びました。IOSトークンは簡単に言えば、ネットインフラを利用する商業ショップのためのものです。

ロードマップも細かく区切り、開発をしっかりとできる体制も整えています。しかし、まだ実績的な状態ですらない。これがIOSトークンの特徴でしたね。

 

もちろん、日本では取り扱っていません・・・。購入は海外を頼ることになります。

IOSトークンの目的とかを詳しく知りたいのであれば、コチラの記事をご覧ください。

【仮想通貨】IOStokenの特徴と今後の将来性!ロードマップの達成率で価格価値が変わるかも

 

IOStokenが買える海外取引所はココ!

  • Huobi(ETH/USDT/BTC)
  • Binance(BTC/ETH)
  • OKEx(USDT/BTC/ETH)

流通量が多い順に記載してあります。他にもKucoinでも取り扱っていますが流通量の関係上、簡単に購入・売却できません。流通が多いメイン3つから選ぶのがおすすめです。

 

IOStokenの買い方の簡単な説明

  1. 日本の販売取引所の口座を開ける
  2. 海外取引所の口座を開ける
  3. 対応通貨を日本の販売取引所で購入
  4. 海外取引所へ送金
  5. 海外取引所で受け取る
  6. 対応コインへ変換or購入

現在はビットコインの送金詰まりは解消されつつあります。早く送金したいのであればイーサリアム(ETH)リップル(XRP)がおすすめですね。

ただリップルの場合は取引所によって利用可能・利用不可があるので、基軸通貨の1つとして採用されているイーサリアムが良いでしょう。

 

IOStokenを買うならどこの海外取引所がおすすめ?

HuobiBinanceがおすすめ。日本語が欲しい場合は、取引手数料が0.2%とBinanceの倍であるHuobiですね。僕個人はBinanceをおすすめしたいです。

理由はアルトコインが豊富であること。BNBの独自トークンで手数料が0.05%になるから。もちろん、さっきもあなたに伝えたとおりHuobiもいいですよ。

 

実際にIOStokenを購入する手順をみてみよう!

まだ僕がHuobiに登録できていないので、今回はBinanceを事例にして画像付きで解説していきます。Binanceの登録が済んでない場合は、コチラから登録と手順を確認してください。

取引手数料0.1%!5分で登録が終わるBinance口座の開設

Binance(バイナンス)登録方法と二段階認証のまとめ!最初の海外口座ならココが一番

まずはBinanceのログインしたのが下の画像です。Binanceはビットコイン、イーサリアムでIOSトークンの購入ができるので、どちらかを選びましょう。

今回はそのままビットコインで進めていきますので、上の画像の状態のまま何も弄らなくてOKです。

 

取引所の板への行き方

IOSトークンの取引板に行くには、IOSトークンを探す必要があります。今回の説明はブラウザ版なので、ブラウザの検索に「IOST」と入力。(アプリでは検索窓がありますので、そちらに入力)

IOSトークンが見つかりましたね。【IOST/BTC】をタップすると、下の画像のようにチャート画面が出てきます。

上の画像の状態がIOSトークンの取引板へ来た合図。今回は買い方なので【Buy IOST】と緑色のボタンで表示されている方をタップしてください。

 

買い・売りの見方

画像を加工してありますが、上の画像が買い板に来た合図です。枠の色が黃・赤・緑とありますので、それぞれ説明していきますね。

  • :購入に必要な入力箇所
  • :売り注文の状態
  • :買い注文の状態

言われれば「なるほどなっ!」となりますよね。もしかしたら、あなたは直感で気づいたかもしれませんね。次は、購入に必要な箇所の英語と目的を訳していきましょう。

  • Available:購入に使えるビットコインの総量
  • Price:購入希望額の入力部分
  • Amount:欲しいNEOの個数を入力
  • Total:購入に掛かる費用の合計
  • %の数値:タップで資産の割合に応じ自動で購入個数を記入する

目的や説明も終わったので、実際に記入をした例がコチラの下の画像です。

画像の説明をすると、僕は0.00000298BTCの値段で1IOSTを購入したい、と注文を通す直前の状態です。

この状態まで来たら、あとは【Buy】をタップするだけで枠の色で説明した緑の場所に、僕の注文が並んでいくようになります。ちなみに、売りはこの画面。

移動の方法は簡単でBuyと黄色く光っていたのが、Sellに移っていますよね。少し前の画面の画像と見比べて見てください。移動の仕方はSellをタップするだけで移動できます。

 

IOStokenの買い方に関するまとめ

これでIOSトークンの購入はバッチリですねっ!また、Binanceの使い方も同時に覚えられたと思うので、ぜひ積極的にBinanceを使ってアルトコインを買い漁ってみましょう。

今まで触れてこなった仮想通貨の世界が、さらに広がり、もっと楽しくなっていきますよ!