仮想通貨

【仮想通貨】Verge(バージ)の特徴と今後の将来性!市場の価格価値は今後も伸びていきそう

最近も仮想通貨にどっぷりと頭まで浸かっている影響で、息苦しさも少し感じてきております。とはいえ、新しい仮想通貨を知るのは楽しい、楽しい、楽しいのです。

これが中毒症状と言うやつかもしれません。さて、今日は沼とも言える仮想通貨界隈の中から1つの仮想通貨をご紹介。それはVerge(バージ)です。

なかなか面白いシステムを搭載しているので、今後も注目すべき仮想通貨ですよ!

仮想通貨のVergeってなに?

仮想通貨にある情報の開示の危ないよね。なら、僕らで隠したり見せられる選択を自由に選べるようにさせたものを作ろう。という理念で開発がスタートしました。

詳しくは特徴の「レイス・プロトコル」で簡単に解説していきましょう。

 

Vergeの特徴について

  1. レイス・プロトコルを搭載
  2. 決算速度を重視している
  3. スケーリングに対処
  4. 開発はオープンソース型
  5. 送金手段が豊富

パッと羅列されても「????」となりそうですよね。僕も調べないとわかりませんでした(笑)1つずつ丁寧に順を追って解説していきましょう。

 

レイス・プロトコルってなに?

自分の取引情報を匿名か公開するか選べるシステムです。ビットコインのメリットは情報に誰もがアクセスでき、改ざんを実質不可能にさせている点です。

ただ、ビットコインの情報公開がデメリットにもなるんですよね。例えばあなたが誰かにビットコインを送金したとしましょう。この時に、あなたの送金履歴は誰もが覗けます。

 

あなたの送金履歴から辿ることで、実はあなたの資産まで見えてしまうんですよね。これは、ちょっと危ないんじゃないか、バージの開発者たちは危機感を持ったわけです。

そうして、レイス・プロトコルという匿名・公開を選択するシステムを開発したのでした。

 

決算速度を重視

ビットコインの決算は徐々に普及していますが、素早い決算が可能ではなくなりつつあります。そのため、ひどいと数時間どころか日にち単位で着金まで掛かることも。

これではビットコインをはじめとした仮想通貨を持つ意味がありません。そこで、バージは素早く決算できるような仕組みにしつつ、今も改善している状況です。

 

スケーリングに対処

決算速度のところでも話に出しましたが、ビットコインを使う人が増えれば増えるほど処理速度が落ちてしまいます。

あなたが飲食店でビットコイン払いをしたあと、お店から「着金しないんだけど!!」と怒られたら困りますよね。バージは、このようなトラブルを防ごうと開発を進めています。

 

オープンソースの開発について

開発もコミュニティ参加も自由自在。開発に携わる人たちは、バージが仮想通貨の世界を塗り替える。というような大義を持つ人から、楽しいから開発に関わる人まで多く存在。

とにかく、バージに対して注ぐ熱量が非常に高いんですよね。それ以外にも、開発もコミュニティも盛り上が=バージの価格が上がる図式が出来上がります。

なぜなら、仮想通貨は人がいなければ通貨としての価値は全く無いからです。盛り上がりの点からすれば、バージは非常に上手く進んでいると言えるでしょう。

 

送金手段が豊富

Twitter、Telegraph、DISCORDなど、コミュニティを作りやすく、また盛り上げやすい場所から送金できるような仕組みを作っています。

Twitterなどで送金できるメリットは、仲良くなった人とかに冗談で0.1バージを投げつけたりとか、ツイキャスやYouTuberの人とかに楽しんだお礼として投げつけられることでしょう。

「ツイキャスで気に入ったあの子にプレゼントしたい!」って時は率先して使っていきましょうね!

 

Vergeの発行枚数上限ってどのくらい?

165億枚を発行上限としています。他の仮想通貨と比べて発行量を多くする理由は、富の独占を意図的に防ごうということ。

そして、バージを常に市場で動かし続けたいからです。動かない仮想通貨は誰にとっても幸せになりません。

だから、パージは保有しても報酬が自動でもらえる仕組みは採用しなかったのです。

 

Vergeの将来性ってどうなの?

バージはビットコイン2.0と呼ばれるくらいになっており、次世代の仮想通貨として注目を集めている有望株なんですよねー。

仮想通貨界隈からの視線は熱いものがあり、僕としては期待に胸が高まってしまいます。日本のコミュニティも盛り上がっており、楽しい仮想通貨なのは間違いありません。

その辺の訳のわからない仮想通貨と比べるのが失礼なほど、バージの将来は明るいですよ。

 

Vergeの価値は今後上がっていくのか

僕は今後もバージの価値は上がっていくと思います。情報の匿名と公開を選べるユニークな仮想通貨なので、他の仮想通貨にはない強みをバージは持っているわけですよ。

さらに少し前でも触れましたが、コミュニティの動きがバージは活発です。人が集まらない場所に、お金は集まりません

 

バージは人が集まりやすい環境を作り続けているので、今後もコミュニティは発達し、人が集まり続けていくでしょう。

だから、長期的に見れば、今後も価格価値は伸び続けていくと考えていいでしょうね。

 

仮想通貨Vergeに関する特徴・将来性・今後のまとめ

記事をまとめている際に、バージの公式ページでSteamを発見しました。まさか、あのダウンロードゲーム販売大手のSteamにコミュニティがあるなんて・・・。

ゲーマーである僕としてはバージを応援する理由の1つになってしまいましたね!いやー、参ったなぁ~。