仮想通貨

【仮想通貨】CNDの特徴と今後の将来性!人工知能があなたの投資を勝利に導く!?

最近の人工知能の発達は凄いですよね。AIの判断に任せて株の取引をし、利益を出すサービスとかが日本でも開始されているんですよ!?

今回は、そんな目まぐるしい発展を見せている人工知能+人間の投資家・金融アナリストたちを総動員し、仮想通貨の投資を勝ち抜こう!

というコンセプトの元で開発される仮想通貨CNDを紹介します。知れば知るほどワクワクしちゃいますよ!

仮想通貨のCNDってなに?


人工知能の学習機能+人間の金融アナリストの知識を交え、仮想通貨の投資に役立てよう!というようなコンセプトで作られた仮想通貨の1つです。

 

CNDの特徴について

それは、やはり人工知能でしょうね。CNDの特徴として投資家・金融アナリストたちの質問をデータとして、CNDのデータベースに蓄積させる機能があります。

データを蓄積させる=人工知能の学習機会と同じ意味ですよね。そして、人間の参加者が多ければ多いほど人工知能の発達が早く、さらに弾き出すデータは正確になっていく。

まさにCNDは、今の時代を象徴しているとも言えるサービスを徐々に展開しているのです。

 

CNDの将来性ってどうなの?

CNDの将来性自体は非常に高く見られています。ただ、将来性を買われているのは「人工知能の発展が目覚ましい」からです。

Googleの人工知能の話は耳にしたことがあるかもしれませんが、文章を書いたり、絵を書いたり、人間の画像識別をしたり、と豊富な分野で存在感を示し始めています。

 

CNDもGoogleの人工知能と同様に、投資に関するありとあらゆる判断能力の伸びしろを買われているわけです。そのような状態で将来性が無いなんて、口が裂けても僕は言えません。

CNDの将来は明るい見通しなのですが、明るい未来を掴み取るためには問題も乗り越える必要があるのがネックでしょう。

 

CNDが抱えている問題点とは?

  1. 投資家・金融アナリストがウソやポジショントークをする可能性がある
  2. 人工知能の学習スピードが追いつかない、または学習機会を得られない場合
  3. 言語が英語だけ

1番目の問題は虚偽と判断された場合、CNDの支払いをしないことで解決させています。公平・公正な立場で、客観的な言葉を使い利用者の質問に答えないと、報酬は受け取れません。

2番目の学習スピードのほうが問題点になりやすいでしょうね。というのも仮想通貨は現在のところ、数千種類あると言われています。

 

さらに、仮想通貨の現状は戦国時代のように統合・分裂・消滅を繰り返して発展を続けている。人工知能の学習スピードが、仮想通貨世界の変化についていけるのか?

常に変化する仮想通貨の世界への解決策として、CNDは人間の投資家・金融アナリストを囲うことで学習機会を設けているわけです。

ただし、まだまだデータ提供者が足らないのが現状でしょうね。

 

あと最後の言語も英語だけなのがネック。最近はGoogle翻訳などが優秀になってきていますが、やはり投資の世界では正確な意味を知らないと、大きな損をすることがあります。

言語関連はヨーロッパや中国を中心に、対応言語が増えていくかがCND発展の鍵だと感じていますね。日本語は確実に後回し、または来ないでしょうね・・・。

 

CNDの価値は今後上がっていくのか

今後、CNDの価値が上がっていくことは間違いないと僕は感じています。ただ、価値が上がるまでの時間は市場に出回っている仮想通貨の中では、かなり遅い種類に入ると考えていますね。

なぜなら、少し前にあなたに伝えた通り仮想通貨は統合・分裂・消滅を繰り返しているからです。昨日のあった通貨が明日には無い!ってことが仮想通貨では日常的に起こるんですよね。

 

また、ビットコインのような古くから存在している仮想通貨は高騰・急落が激しいとは言え、ある程度のデータが出揃ってしまっています。

さらに仮想通貨の価値は、外部のニュースの影響を大きく受けやすい側面を持っている。そのため、積み上げられたデータが外れることが多々あるんですよね。

 

以上のことから、今後のCNDの価値は仮想通貨の市場が安定化し、誰もが安心して参入できるような状態になって初めて効果的になると考えています。

そして、仮想通貨の市場全体が安定するのはまだまだ先の話なので、CNDは握るだけ握っておき、忘れた頃に価値の高さを実感するようなコインとなるでしょう。

【仮想通貨】CNDの具体的な買い方と扱う取引所情報!購入方法は5分で覚えられるよ!

 

仮想通貨CNDに関する特徴・将来性・今後のまとめ

人間+人工知能の学習という非常に面白いコンセプトを持つCND。さらに、すでにスマホアプリのサービスも開始し、CND所持者を中心としたグループ内で活発な投資の動きをしているようです。

今後、投資予測グループの意見交換・質問場所への参加の参入障壁が下がれば、さらに人工知能の学習スピードは上がっていくでしょう。

これからの発展に目を離せない仮想通貨となっていますので、要注目しておくべし、ですね。